「総盂蘭盆会法要」のご案内

【法要情報】
2020(令和2)年8月15日(土)、西法寺「総盂蘭盆会法要」(お盆のお勤め合同法要)を勤修いたします。

例年とは異なり、新型コロナウイルス感染防止対策として密集を避ける為、午前中の三部制といたします。詳しくはFacebookのイベントページをご覧ください。

【法要情報】2020(令和2)年8月15日(土)、西法寺「総盂蘭盆会法要」(お盆のお勤め合同法要)を勤修いたします。例年とは異なり、新型コロナウイルス感染防止対策として密集を避ける為、午前中の三部制といたします。詳細は、イベントページをご覧ください🙏

浄土真宗本願寺派  星野山西法寺さんの投稿 2020年7月26日日曜日

定例法座7月13日

2020(令和2)年7月13日、西法寺7月度「定例法座」をお勤めさせていただきました。

各所にて豪雨被害が大変心配される中ではありますが、先月に引き続き、当寺取り決めのガイドラインの元、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上でのご法座勤修となりました。

『阿弥陀さまのおはたらきについて、「むか~し 昔」と捉えるのか、あるいは今に至る続きをそこに見ていくのかでは、受け取る今、その意味合いや価値観は大きく変わる』

このことを、「問いの視点」と「感受の距離感」という見方からご一緒にお味わいさせていただくご縁でありました。

次回のご法座といたしましては、9月13日「秋季彼岸会」のご縁となります(ご講師:安徳剛典師)。詳しくは、こちらをご覧ください。

※なお、現在(7/14)のところ通常通り勤修予定ですが、今後の状況次第では予定変更の可能性もございます。予めご理解の程宜しくお願いいたします。

「定例法座(7月度)」のご案内

2020(令和2)年7月13日(月)14:00~、西法寺「定例法座(7月度)」を勤修いたします。


本日(7/1)時点では、予定通りお勤めさせていただく見込みとなっております。ただし新型コロナウイルス感染症等に関する今後の国内情勢次第では、当日の日程含め内容変更の可能性もございます。誠に恐れ入りますが、予めご理解の程宜しくお願い申しあげます。※随時、当Webサイトや各種SNS等にてお知らせいたします。

【ご法座情報】2020(令和2)年7月13日(月)14:00~、西法寺「定例法座(7月度)」を勤修いたします。現時点(6/30)では、予定通りお勤めさせていただく見込みとなっております。ただし新型コロナウイルス感染症等に関する今後の国内情勢次第では、当日の日程含め内容変更の可能性もございます。誠に恐れ入りますが、予めご理解の程宜しくお願い申しあげます。※随時、当ページやWebサイト等にてお知らせいたします。

浄土真宗本願寺派  星野山西法寺さんの投稿 2020年6月29日月曜日

定例法座6月13日

2020(令和2)年6月13日、西法寺6月度「定例法座」をお勤めさせていただきました。ご法座としては、2月以来の勤修となりました。

当日は新型コロナウイルス感染症等の感染予防対策として、

☑マスク着用のお願い(必須)

☑除菌ウェットシート・手指消毒用アルコール除菌液等の設置

☑本堂内の常時換気(窓・扉開放)

☑椅子座席の幅広い間隔確保

☑取っ手等 多く触れる箇所の適宜消毒

☑手洗い場等へのペーパータオル設置

などの対策を講じた上でのお勤めでありました。また、同時に熱中症対策としてエアコン作動(本堂内の常時換気は継続)・ペットボトルお茶の配布も行いました。

久しぶりのご法座ということもあり、嬉しさと、どこかソワソワした感覚の中ではありましたが、ご参詣の皆さまご一緒に天岸淨圓先生によるご法話をお聴聞させていただきました。

次回のご法座は、7/13(月)14時~定例法座〔ご講師:西村 一樹 師〕となります。健康・安全確保への対策と準備を講じた上で勤修を予定しております(6/17現在)。ただし新型コロナウイルス感染症等に関する今後の状況次第では予定変更の可能性もございます。それに関するご案内は当Webサイト並びに各種西法寺公式SNSにて随時お伝えします。誠に恐れ入りますが予めご理解の程宜しくお願い申しあげます。

【変更】定例法座(6月度)

新型コロナウイルス感染症に伴う昨今の世情を鑑み、6/13(土)に予定しております定例法座(6月度)について、当日の日程を下記の通り変更いたしましたのでご報告申しあげます。

【変更後】
14:00- 勤行(偈文)
14:20頃- ご法話(休憩無しの一席)
15:15頃- 終了

また当寺では、感染症対策に関してのガイドラインを策定いたしております。詳しくはこちらをご覧ください。

〔新型コロナウイルス感染症に伴う寺院内における感染症対策について〕

※なお、当日程は現時点(6/1付)におけるものであり、今後の状況次第では更なる変更の可能性もございます。誠に恐れ入りますが予めご理解の程宜しくお願いいたします。

〔新掲載〕『和而不同』(和して同ぜず)

2020(令和2)年4月より、寺報『世間解』裏面に『和而不同』(和して同ぜず)を掲載しております。こちらは西法寺若院が担当いたします。宜しくお願いします。

※クリックでPDFファイルが開きます

『和而不同』

4月号

https://saihou-ji.or.jp/wp-content/uploads/2020/05/〔WEB用PDF版〕2004号『和而不同』.pdf

5月号

https://saihou-ji.or.jp/wp-content/uploads/2020/05/〔WEB用PDF版〕2005号『和而不同』.pdf

6月号

https://saihou-ji.or.jp/wp-content/uploads/2020/05/〔WEB用PDF版〕2006号『和而不同』.pdf